土. 7月 13th, 2024
  • ヒゲが濃いから脱毛したい!
  • すね毛が濃いから除毛クリームを使いたい!

「そもそも除毛と脱毛って何が違うの?」

こんな疑問にお答えします。

今回の記事では、除毛と脱毛の違いやそれぞれのメリットデメリットをわかりやすく解説します。

脱毛と除毛の違い

まずは、用語の違いをわかりやすく解説します。

脱毛とは

脱毛とは、美容あるいは身だしなみの観点から、体毛を意図的に除去すること。

脱毛の種類には、ワックス、レーザー、ニードル、光などがあります。

日本では、男女を問わず、ムダ毛や濃い毛が気になるという悩みを解消したい方が家庭用脱毛機やサロン、クリニックでの脱毛の施術に通っています。

除毛とは

除毛剤とは、科学的に毛髪を軟化、分解して除去する薬品のことです。

毛根を破壊する目的ではなく、物理的に毛を引き抜く脱毛ワックスと併用されることもあります。

シェーバー、電気カミソリ、除毛クリーム、脱毛ワックス、毛抜きなどは全て除毛に該当します。

毛抜きは脱毛?除毛?

毛を抜いてても脱毛にはなりませんので、除毛に分類されます。

脱毛のメリットデメリット

脱毛のメリット

  • 生えてくるスピードが遅くなる
  • 自己処理の間隔が長くなることで、肌へのダメージや負担が軽減される
  • 毛根から処理することが可能

特に、ムダ毛の処理を頻回に行う方にとっては、毎日のケアが不要になることで、時間的な余裕が生まれます。

脱毛のデメリット

  • 1度ではすべての毛を脱毛することはできない
  • 脱毛の施術に関しては、痛みを感じる人もいます
  • 汗の量が増えてしまったと感じる人もいます

ホルモンバランスの変化が起こりやすい妊娠、出産、更年期等により、ムダ毛は再生する可能性もあります。

さらに、キッズ脱毛の場合には、成長期にもう一度脱毛をしなければいけない人もいます。

除毛のメリットデメリット

除毛は、手軽に簡単にできるのが魅力です。

除毛のメリット

  • 自宅で自分でもできることがあります
  • 金銭的な負担は脱毛よりも少ない
  • 自分のペースで隙間時間を使って対応が可能
  • サロンやクリニックに通う必要がありません

つまり、自分の目で見て、手の届く範囲を何もしないよりもきれいにしておきたい方には、メリットがあります。

除毛のデメリット

  • すぐに生えてくることもあります
  • 肌に傷やダメージを与えてしまうリスクがあります
  • 顔やVIOなど濃い毛に対応しない商品もあります

あくまでも表面的な毛を取り除くのみです。

人によっては、クリームなどを使用する事で、肌荒れやかぶれの原因になることもあります。

肌が荒れてしまうことを心配する方は、慎重に商品を選ぶことが大切です。

永久脱毛の意味【誤解してませんか?】

脱毛という中には、「永久脱毛」というキーワードがあります。

しかし、この永久脱毛の意味を正しく理解している人はまだまだ少ないようです。

永久脱毛の定義は、アメリカの電気脱毛協会が以下のように定義しています。

「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」です。

つまり、生えてくることがあってもその割合が2割に達していない人は、永久脱毛としております。

では実際に、クリニックやサロンで毛の割合を計測しているでしょうか?

していません。

つまり、生え変わることが前提であり、最終的に生えてこなくなったと感じた人がいれば、サロンでも永久脱毛が完成したという人がいても嘘ではないのです。

細かい意味で言えば、ニードル脱毛でしか永久脱毛はできません。

永久脱毛で後悔する?メリットデメリットを解説

除毛クリームは危険?

除毛クリームを購入したいと思っても、肌に合わないだけではなく、有害物質が含まれていないか心配という人もいます。

簡単に言えば、毛を溶かしているのですが、お肌に刺激を与えないようにというのは、体毛に塗布するため、困難です。

つまり、除毛クリームは、合う人と合わない人がいます。

除毛クリームが合わない人の特徴

除毛クリームが合わない人の特徴は、アレルギーの心配がある人です。

具体的には、塗った後にヒリヒリする、炎症やかぶれが生じる等の変化があります。

主に、顔やVIO等皮膚の薄い部分は刺激を受けやすいため、注意が必要です。

皮膚トラブルを防止するためには、部位別でパッチテストを行います。

パッチテストとは、少量を塗布し、使用後48時間以内に変化があるのかを観察します。

つまり、その日には、施術を完成させることはできません。

しかし、安全性を考慮したい方には、この方法がおすすめです。

除毛と脱毛とどっちがいいの?

除毛と脱毛はその人の価値観や期待する効果によって異なります。

脱毛がオススメの人

  • 自己処理するのがめんどくさい
  • 直ぐに生えてくるのが気になる
  • ムダ毛の処理をする時間がもったいない

このように、時間や手間がかかることを気にする方は、脱毛がオススメです。

除毛がオススメの人

  • サロンやクリニックに通いたくない(めんどくさい)
  • 脱毛の痛みが心配
  • 肌は強い方だから薬品かぶれなどの心配がない

こんな人は、自分の自宅で出来る範囲を自分で対応することをおすすめします。

しかし、背中や臀部、うなじなどどうしても自分の手では届かない部位があったら、友人や知人、家族などに協力してもらう必要があります。

脱毛する方法

脱毛サロン

脱毛サロンの中でも、施術者が対応してくれるサロンに通う方法があります。

第三者による施術ですから、全身脱毛を依頼することが可能です。

医療脱毛

アトピーや皮膚炎がある人は、医師や看護師による施術を受けることも可能です。

しかし、サロンよりも痛みを感じやすいのが特徴です。

医療脱毛だから必ず効果があるとは限りません。

医療脱毛なのに効果ない時はどうなる?原因と対処法

セルフ脱毛器

家庭用脱毛器とよばれる商品を使う方法です。

自分の自宅のコンセントを利用することで、充電が可能です。

しかし、ヘッドの交換などに対応している商品と使い切りのタイプがあります。

JOVS Doraの口コミ【家庭用脱毛機で効果はあるの?】

脱毛サロンに通いたい方の選び方

脱毛は、自分一人では難しいと思われる方は、脱毛サロンに通うしかありません。

費用の比較

ではどうやってサロンを選べばよいのでしょうか?

まずはじめに比較しなければいけないのは、費用です。

月額制、コース、通い放題などのプランがあります。

それぞれのサロン毎に施術部位の範囲や回数が異なります。

まずは自分の希望する範囲と回数と費用を比較しましょう。

年齢や性別の対象

メンズエステ、女性専門、男女問わないエステなどさまざまな店舗があります。

誰でも通いやすいお店であれば、その分混雑しやすい。

女性スタッフ(男性スタッフ)に見られるのが恥ずかしい。

などの問題もよく考えて選ぶようにしましょう。

最近は、子供も対応しているキッズ脱毛というメニューがあるお店も増えています。