土. 7月 13th, 2024

ボディソープは、体を洗うための必需品です。

ボディソープを選ぶ際には、洗浄力も重要なポイントです。

今回は、ボディソープの洗浄力と選び方について解説します。

ボディーソープの洗浄力の違い

ボディソープの洗浄力は、大きく分けて以下の2つに分けられます。

  • 洗浄力が強い
  • 洗浄力が弱い

洗浄力が強い

洗浄力が強いボディソープは、皮脂や汚れをしっかり落としてくれるのが特徴です。

しかし、洗浄力が強すぎると、肌を乾燥させてしまう可能性があります。

洗浄力が弱い

洗浄力が穏やかなボディソープは、肌に優しく、乾燥しにくいのが特徴です。

しかし、洗浄力が弱すぎると、皮脂や汚れが残ってしまう可能性があります。

ボディーソープの種類

ボディソープには、以下の3つの種類があります。

  • 石鹸
  • 石鹸系
  • 合成洗剤系

石鹸

石鹸は、天然の脂肪酸を原料としたボディソープです。

洗浄力は穏やかで、肌に優しいのが特徴です。

石鹼系

石鹸系は、石鹸と合成洗剤を組み合わせたボディソープです。

洗浄力は石鹸より高く、合成洗剤系より低いのが特徴です。

合成洗剤系

合成洗剤系は、合成洗剤を主成分としたボディソープです。

洗浄力は高く、泡立ちも良いのが特徴です。

弱酸性とアルカリ性の違い

ボディソープには、弱酸性とアルカリ性の2種類があります。

弱酸性とは?

弱酸性は、肌のpH値に近い性質です。

そのため、肌への負担が少なく、乾燥しにくいのが特徴です。

アルカリ性とは?

アルカリ性は、肌のpH値より高い性質です。

そのため、皮脂や汚れを落とす力が強いのが特徴です。

しかし、肌への負担が大きく、乾燥しやすくなります。

肌質に合ったボディソープの選び方

ボディソープを選ぶ際には、肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

乾燥肌

洗浄力は穏やかで、保湿成分が含まれているものを選ぶのがおすすめです。

脂性肌

洗浄力は高めで、さっぱりとした洗い上がりのものを選ぶのがおすすめです。

男性の肌質診断はどこで依頼するべき?クリニックとサロンの違い

敏感肌

洗浄力は穏やかで、肌への刺激が少ないものを選ぶ

敏感肌とはどんな肌?【症状の特徴や調べる方法】

ニキビケアにおすすめのボディソープ

ニキビケアにおすすめのボディソープは、以下のようなものが挙げられます。

  • 洗浄力は穏やかで、さっぱりとした洗い上がりのもの
  • 殺菌・抗菌成分が含まれているもの
  • 保湿成分が含まれているもの

洗浄力は穏やかで、さっぱりとした洗い上がりのものを選ぶようにしましょう。

肌を乾燥させないようにしましょう。

ニキビの原因となる皮脂や汚れを落とすことができます。

また、殺菌・抗菌成分が含まれているものを選ぶことも大切です。

ニキビの原因菌を抑えることができます。

さらに、保湿成分が含まれているものを選ぶことも大切です。

肌を乾燥させず、ニキビの悪化を防ぐことができます。

皮膚に優しいボディーソープを成分で選ぶならこの7つ!