土. 7月 13th, 2024

子どもの脱毛について、検討している方も多いのではないでしょうか。

子どもの脱毛には、メリットとデメリットがあります。

また、脱毛を始めるタイミングや注意点も知っておきましょう。

子どもの脱毛に良いタイミング

子どもの脱毛に良いタイミングは、第二次性徴が始まる頃です。

第二次性徴は、一般的に小学校高学年から中学生頃に始まります。

この時期は、毛周期が安定し始める時期です。

脱毛の効果が出やすくなります。

また、肌も大人と比べて柔らかく、肌への負担が少ないと言えます。

キッズ脱毛とは?子どもが脱毛するタイミングはいつから?サロン用脱毛機販売会社が解説します

小中学生から脱毛をするメリット

小中学生から脱毛をするメリットは、以下のとおりです。

  • ムダ毛の処理の手間が省ける
  • 肌を清潔に保つことができる
  • コンプレックスを解消できる

子どもは、大人よりもムダ毛の処理が難しいのが特徴です。

脱毛をすることで、ムダ毛の処理の手間が省けます。

肌を清潔に保つことができます。

また、ムダ毛がコンプレックスになっている子どもも少なくありません。

脱毛によってコンプレックスを解消することもできます。

毛深いから半袖が着れない!コンプレックスを解消する方法

小中学生から脱毛をするデメリット

小中学生から脱毛をするデメリットは、以下のとおりです。

  • 肌への負担が大きい
  • 費用がかかる
  • 効果が出るまでに時間がかかる

子どもの肌は大人よりもデリケートであるため、脱毛によって肌トラブルを起こす可能性があります。

また、脱毛には費用がかかるため、経済的な負担になる可能性があります。

さらに、効果が出るまでに時間がかかるため、継続的な通院が必要になります。

小中学生から脱毛を始める際の注意点

小中学生から脱毛を始める際には、以下の点に注意しましょう。

  • 医療機関やエステサロンで行う
  • カウンセリングをしっかりと行う
  • 肌の状態をこまめにチェックする

医療機関やエステサロンで行う

子どもの脱毛は、医療機関やエステサロンで行うことをおすすめします。

医療機関では、レーザー脱毛や光脱毛などの脱毛方法が提供されています。

エステサロンでは、光脱毛やIPL脱毛などの脱毛方法が提供されています。

医療脱毛と美容脱毛の違い【相場やメリットデメリットを比較】

医療機関やエステサロンでは、カウンセリングやテスト照射などを通して、子どもの肌や体質に合った脱毛方法を提案してもらえます。

また、万が一肌トラブルが起こった場合にも、適切な処置を受けることができます。

脱毛トラブル急増の背景と店舗選びの注意点

カウンセリングをしっかりと行う

脱毛を始める前に、カウンセリングをしっかりと行うようにしましょう。

カウンセリングでは、

  • 子どもの肌や体質
  • 脱毛の目的

などについて、詳しく聞かれます。

また、

  • 脱毛方法
  • 回数と頻度
  • 費用

などについても、しっかりと説明を受けましょう。

肌の状態をこまめにチェックする

脱毛後は、肌の状態をこまめにチェックするようにしましょう。

肌に赤みや腫れなどの異常が現れた場合は、すぐに医療機関やエステサロンに相談しましょう。

また、日焼けや肌荒れなどの肌トラブルがある場合は、脱毛を控えましょう。

日焼けや色黒肌は脱毛NGになる理由【医療クリニックもサロンも問わない前後のダメージ対策法を解説します

無理のないペースで行う

脱毛は、無理のないペースで行うことが大切です。

脱毛を急ぎすぎると、肌トラブルを起こす可能性があります。

一般的に、脱毛の効果が出るまでには、1~2年程度かかります。(2ヶ月に1回通うとして、10回程度)

焦らずに、ゆっくりと脱毛を進めていきましょう。

  • 子どもの同意を得る

脱毛をする際には、子どもの同意を得るようにしましょう。

子どもが脱毛を望んでいる場合。

脱毛のメリットやデメリットをしっかりと説明しておきましょう。

内容を理解してもらってから始めましょう。

また、子どもが脱毛を望んでいない場合。

無理に脱毛をさせないようにしましょう。

小中学生におすすめの自己処理方法

小中学生の場合、脱毛サロンや医療機関での脱毛が難しい場合は、自己処理をすることもできます。

ただし、以下のような点に注意しましょう。

  • 自己処理は、肌への負担が大きいので、週に1~2回程度に留める
  • 肌の状態をこまめにチェックする
  • 肌に負担の少ない方法を選ぶ

自己処理をする際には、肌への負担を減らすために、以下の方法がおすすめです。

  • カミソリやシェーバーを使う
  • 毛抜きを使う
  • 脱毛クリームを使う

カミソリやシェーバーを使う場合は、肌を傷つけないように、丁寧に剃るようにしましょう。

毛抜きを使う場合は、毛を根元から抜くため、痛みを伴う可能性があります。

脱毛クリームを使う場合は、肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

ムダ毛を薄くする方法【正しい自己処理とは】

乾燥など肌質をAI診断で調べたい方へ

肌質をAIで診断できるサービスもあります。

自分の肌質を把握することで、自分に合った脱毛方法や自己処理方法を選ぶことができます。

当社が運営するサロンでもAI肌診断を無料で行っております。

お気軽にご相談ください。

ご予約フォーム